CVカテーテルの種類。セルジンガー法とは何?

 

ALSの延長で中心静脈カテーテルについて

 

患者さんに挿入するとなったときに、いろいろな種類がありますがその違いがわかりますか?

 

CVカテーテル留置

 

 

適応

 

 

経口、経腸が困難で高カロリー輸液が必要な場合。

静脈のルート確保が困難なとき。

 

 




 

穿刺部位による違い

 

 

鎖骨下静脈、内頚静脈、大腿静脈などがあります。

カテーテルキットには長さの違いがあり

 

大腿は約60cm内頚や鎖骨下は約30cmのものが一般的に選択されます。

 

しかし、大腿畳静脈でも短い長さを使う事あるのでDrに確認すること。

 

 

ちなみに部位による特徴は

 

鎖骨下静脈

 

レ点、チェックマーク 素材アイコン画像感染・血栓等の合併症が少ない。

レ点、チェックマーク 素材アイコン画像患者さんの違和感が少ない。

レ点、チェックマーク 素材アイコン画像気胸の合併症のリスクがある。

 

鎖骨下、内頚刺入時は右側に刺入するのが一般的です。

迷入や位置異常の可能性が少なく、胸管損傷が少ないためです。

 

大腿静脈

 

レ点、チェックマーク 素材アイコン画像心肺蘇生時の第一選択

 

全身状態が不良なとき、長時間の体位保持が困難なとき、出血傾向のある状態のとき、急変時の急を要する場合に選択されます。

欠点は固定が困難で。会陰部付近のため汚染されやすい。アプローチが長いため血栓形成を起こしやすい。

 

入院のイラスト「ベッドと点滴」

 

大腿静脈の挿入時には空気塞栓の予防、血管の拡張させるために水平仰臥位を。

 

内頚静脈、鎖骨下静脈穿刺時は臥位でもOKだが血管を怒張させるため下肢挙上またはトレンデンブルク体位。

穿刺部位の反対へ向いてもらうこと。

 

 




 

ラインの数

 

シングル、ダブル、トリプルがあります。

 

要は点滴ルートの数です。

どれに何をつなげても良いわけではなく文字が書かれています。

 

DISTAL(遠位)

 

メインルート

心臓に一番近く体外に出ているのでルートは一番長い。

 

PROXIMAL(近位)

 

挿入部から一番近い。

一番早く血中に流れるので、一番早く効果が出てほしい薬剤を投与する。

 

 

挿入手技

 

 

直接法とセルジンガー法があります。

 

直接法(スルーザカニューラ法)

 

1990年代前半は太い穿刺針で血管を穿刺しその内腔にカテーテルを挿入する方法が行われていました。

 

欠点

 

レ点、チェックマーク 素材アイコン画像外径が留置カテーテルより大きいので、誤って動脈を刺すと止血が難しい。

レ点、チェックマーク 素材アイコン画像留置時にセルジンガー法より空気が血管内により流入する危険がある。

レ点、チェックマーク 素材アイコン画像手技的に難しい。

 

 

セルジンガー法

 

細い針で刺入し、ガイドワイヤーを介して挿入する。

 

レ点、チェックマーク 素材アイコン画像穿刺審が細いので障害性が小さく空気塞栓のリスクが低い。

レ点、チェックマーク 素材アイコン画像血流の弱い血管を捉えるのに有効。

 

 

刺入時、刺入後の注意事項

 

カテーテル・チューブ

 

エコーで静脈の位置、血流を確認して挿入することもあります。

実施時には清潔操作に注意しカテーテル感染を起こさない

穿刺部位、挿入の長さ、何針縫合したか確認し記録しましょう。

必ずレントゲンで先端の位置確認する。

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です