ブラック・ジャックセミナー。ふれあい看護体験。未来の医療従事者のために体験を提供。

知っていますか?

ブラック・ジャックセミナー

 

医者-PURPLEジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社と医療機関にて2005年に、子供向けの手術体験のキッズセミナーが始まった。
そして2011年に手塚プロダクションの賛同を得てブラック・ジャックセミナーとなった。

 

 

ジョンソン・エンド・ジョンソン

製薬、医療機器その他のヘルスケア関連製品を取り扱うアメリカ合衆国に本社がある企業。

キッザニア東京に病院パビリオンを出展している。

 

医療に関心を持ってもらい未来の日本の医療を支える若者が増えていくきっかけになるよう、実際に医療現場で使用される医療機器を用いたセミナーです。

手術のイラスト(電気メス)

 

会場によって違いますがおもに対象は小学生から高校生になります。
費用は無料。

どんな体験ができるのか?

ガウン体験、縫合体験、救急体験、手術体験、内視鏡体験など会場によって違います。

 

終了時に未来の外科医認定証がもらえます。

 

ん?ブラックジャックってたしか…無免許の医師じゃ…

 

ポスターには必ず下記の文が記載されてます。

本セミナーは、手塚治虫氏が描いたキャラクター「ブラック・ジャック」が無免許であることや、法外な報酬を要求する点について賛同するものではなく、天才的な外科手術の腕前を身につけ、維持し続けるという医療に対するひたむきな姿勢や、常に「医者の仕事とは何か」、「生命の尊さとは何か」、「お金より大事なものは何か」を問う姿勢に共感するものです。

 

こういった職業体験できる場は、子供にとっては大きな体験、そして財産になります。

 

 




 

 

体験の場の提供は看護もしてますよね。

ふれあい看護体験

 

私の病院でも毎年行っています。
夏休みに中学生、高校生を対象。内容は白衣に着替えて業務の体験をしてもらってます。

器具を使った採血体験 や血圧測定、BLS体験、車いす移送、デイサービス体験や産科での体験等々

病院によって内容は違います。
最初から看護師の道を考えてて体験にきている子もいます。

 

ブラック・ジャックセミナー、ふれあい看護体験に興味があるなら検索してみて自分の近くで行ってないか調べてみてください。

例え医療の道に進まなくても体験は無駄にはならないと思います。

 




 

 

ところでブラックジャックにちなんで調べてみたら医療漫画って沢山あるんですね。
みなさんはどれだけ読んだことありますか?

授業をサボる生徒のイラスト

僕は

スーパードクターK、ブラックジャックによろしく、おたんこナース、JIN、ゴッドハンド輝、Dr.コトー診療所、コウノドリ、N’sあおい

を読みました。

ブラックジャック、医龍、フラジャイル、麻酔科医ハナ、最上の命医、研修医なな子、メスよ輝け、Dr.DMAT

は有名だけど、まだ読めてないのでいつか読みたいなあ。

 

医療ドラマや映画も沢山あります。

 

職業体験に限らず、漫画やドラマに影響されて医療の道へというのもアリです。
きっかけなんて何でもよいんです。

 

 

 未来の医師、看護師さん。命の現場で活躍を願ってます。

どうか1つでも多くの願いを護ってあげれますように…

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です