消えたナースキャップ。廃止されたその理由は…

ナースキャップ

 

看護師としての象徴でした。

看護学校から病院への実習に行く間近に戴帽式という式でナースキャップを頭にのせてもらいます。

看護師・看護婦・ナースのイラスト

しかし、もう見かけることがほとんんどなくなりました。

多くの病院で廃止の方向になりましたが完全に無くなったわけではなく、ごく一部の医療機関と老人、小児病院でみられることがあります。これはレ点、チェックマーク 素材アイコン画像高齢者や子供が看護師とわかりやすいように工夫しているためでもあります。

 

ナースキャップは廃止しても戴帽式は続けられています。

 

 

 

 

ナースキャップの由来

 

昔、看護は病人に奉仕するというシスターの仕事でした。看護師の制服はシスターに由来しておりナースキャップももここからだと言われてます。

 

 

ナースキャップの意味

 

看護婦-OTHERナースキャップ廃止論が出始めた頃は、多くの看護師が反対しました看護師の象徴であり、キャップをつけることで気が引き締まり自覚が生まれているという意見がありました。

「私はナースキャップをつけて仕事をするが夢です。」と看護師を目指していた人にとって、憧れであり目標だった方もいると思います。

患者さんにとってもナースキャップ着けている=看護師さんであり、他職種との区別をする役割がありました。

 

 




 

 

では、なんでナースキャップは絶滅状態になったのでしょう。

看護師・看護婦・ナースのイラスト(帽子なし)

 

廃止の理由は

 

病院は病気のため抵抗力が弱っている人がたくさん居るところです。弱い菌でも普通の人より感染症になりやすい状態です。

 

ナースキャップは形を整えるためにガチガチに糊付けされています。

この糊に細菌がいると言われるようになり検証が行われ、種々の細菌が検出されることが判明しました。それがマスコミでとりあげられ議論がでるようになったのです。

 

 

ナースキャップは、だいたい毎日は交換しないものです。

頭髪、頭皮、フケに病原菌を飼っている可能性もあり、頭皮の汗が適度の湿度を与える結果になるとキャップは細菌の培地となってしまいます。

また、ずれたナースキャップを直す際に手は不衛生な状態になってしまいます。

ナースキャップが点滴など頭上に設置している医療器材などに引っかかっると不潔にしてしまいます。

看護師が移動するたびに、細菌やウイルスが移動し感染を起こすと指摘がされました。

 

つまり患者と多く接する看護師がレ点、チェックマーク 素材アイコン画像感染源になってはいけないという理由が一つです。

 

そしてもう一つの理由はレ点、チェックマーク 素材アイコン画像業務の邪魔になることです。

 

病室は狭く大部屋も個室もベッド周辺のスペースはかなり限られ、そこに医療機器が配置されている。

ナースキャップはガチガチに糊付けしていることで硬いため、精密機器の医療器具のボタンを誤作動させてしまったり、介助時に患者さんにあたって怪我をさせてしまったりすることがあるのです。

 

業務中にキャップが落ちたり、落ちそうになることがあります。

これらのことは避けるための動作だけでも仕事が大分やりにくくなりそうですね。

 

この結果、廃止により「働きやすくなった」「頭がかるくなった」というプラスの声か聞かれます。

 

タオルで固定されて注射を受ける子供のイラスト

看護婦-OTHERつまり衛生面・業務・安全面に支障をきたす場合があること。男性看護師の増加から女性だけナースキャップをつけて男性はつけないことなどから必要性が問われナースキャップは徐々に廃止へとなったのです。

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です