5月 4日金曜日(晴れ)

5月4日金曜日(晴れ)

照明も落ちて真っ暗になったグラウンド。

「はぁ、はぁ、はぁ…」

 

 

どのくらいボールを蹴ったんだろう。

そして、どのくらいボールを追いかけ走っただろうか。

 

 

明日は選手発表の日。
私にとって、高校最後のサッカーの大会だった。

 

 

 

「おーい、もうボールも見えないしあがろうぜ。」

貴志が私に声をかける。

 

 

「ああ。」

肩で息しながら手で額を拭った。
身体は土と汗だらけになっていた。

 

 

やれる事はやった。

ボールを片付けグランド整備をした後、部室でシャワーを浴びる。

 

 

「ひゃー、気持ちいい。」

身体にかかる水が熱くなった身体を冷やしてくれた。

 

 

「あぁ、最高だよな。」

私の声に隣のシャワー室から返事が返ってくる。

みんなが帰った後も貴志は毎日、私につきあって最後まで練習を手伝ってくれた。

 

 

「閉めるぞ。忘れ物ないか?」

《ガチャガチャ》

部室の鍵を締めて学校を後にする。

 

 

 

外はもう真っ暗だ。

星も月も雲に隠れていた。

帰り道、いつもの駄菓子屋に寄る。

 

 

 

お腹が空いて、家まで我慢できないのが理由の一つ。

あとは、駄菓子屋で連るんで話ししている時間が好きだった。

「…貴志、ありがとな。」

 

 

隣でお菓子を頬張ってる貴志に頭を下げた。

パチン。

 

すかさず、貴志は私のオデコを軽く叩いた。

きょとんとしていた私に貴志はニヤリと笑いながら答えた。

 

 

 

「何言ってんだ。俺たち友達だろ?」

「ああ。」

友達か。

 

 

 

 

 

 




「よし、今から選手の発表をするぞ。」


翌日、監督から大会に登録する選手の発表がされた。








部員の間に緊張が走る。
誰もが唾を飲み込んだ。






「斉藤。」


「はい。」


「亀田。」








次々名前が呼ばれていく。
そのなかで、私の名前はなかなか呼ばれないでいた…


まさか…

嫌な汗が背筋を流れる。

いや大丈夫だよ。
精一杯やれるだけの事はしたんだから。


自分で自分を一生懸命勇気づける。



「最後に多田野。」



「はいっ!」


「…以上だ。選ばれた奴も選ばれなかった奴も一緒に戦っていこう!」


「おおっ!」





最後まで私は名前を呼ばれなかった。

しかも3年生で一人だけベンチにも入れないというオマケつきで。


「裕…」


貴志が私の方を見ていた。


「はははははは。」


私はマトモに皆の顔を見れなかった。


精一杯、平気なふりしたけど、そこまで強くなくて…涙が込み上げていた。




貴志が私の肩に手を置くと、私の耳元で、そっと呟いた。


「ざまーみろ。」












また…夢…か。



《プシュー…》



ん…

嫌な汗でびっしょりだ。


最近、夢ばかり見る。




なあ、貴志…

私は今でも信じられないんだ。
本当に私を嫌ってたのか。




『ざまーみろ。』


貴志の言った葉が頭の中でも繰り返される。



胸がギュッと締めつけられる。



実は自分の耳がおかしかったんじゃないんだろうか…
単に空耳だったんじゃないか。

そう思いたい。


だけど今となっては確認ができない。



…いや、確認できるとしてもやっぱり怖いや。


言ったと認めたられたら信じるものが無くなってしまう。




貴志とは付き合いが長かった。


もう30年前までさかのぼるのかな。


私たちは同じ幼稚園に入園した。


幼稚園のときは私たち二人は喧嘩ばかりしていた。

おもちゃの取り合い、先生の奪い合い…何をしてもすぐにケンカばかりした。


大っ嫌いで顔を見るのも嫌だったんだ。


生傷がお互いに絶えなかった。




小学校に行くようになった時、幸いクラスが分かれ顔を会わす事がなくなった。

小学生の6年間はあまり関わる事なく、距離が開いていった。


そのまま中学校も同じ学校だったけど、廊下ですれ違う事があっても話すことがなかった。



そう思うと不思議だな。


仲良くなるきっかけなんてたわいないもので。

いつのまにか、いつも一緒に居るようになっていた。



そのきっかけは高校への進学。
高校まで同じ学校で…
今度は同じクラス。
そして同じ部活に入部したんだ。



幼稚園の頃より少し大人になった私たちは、自然と普通に話しをするようになっていった。




貴志は小学生の頃からサッカーをしていたが、私は高校でサッカー部に入った。


Jリーグが始まったばかりの頃で、周りからは流行りだからねと鼻で笑われたっけ。


私は夜遅くまで汗だらけになり走りまわった。



ボールを蹴るのが楽しくて一生懸命頑張った。



選手発表の後、貴志は私に言葉はかけずにただ肩を叩いてくれた。


変な気休めを言わないでいてくれた貴志を、その時の私にはありがたかった。




「なあ裕、一緒の所に行こうぜ。」


「ああ。」


進路で悩んでた私は貴志の一言で同じ大学に行く事を決めた。


ただ、私はその大学の合格ラインになかった。


「頑張っ!」

そのときも貴志が付き合ってくれた。


ハチマキに貼り紙。
問題集と常ににらめっこ。

貴志は嫌な顔せず、自分の勉強時間を削ってまで私に勉強を教えてくれた。



「…あった。貴志、番号あったよ。」


そして、そのおかげで二人揃って合格できたんだ。



気がつけば就職先まで同じ所という長い長い腐れ縁。


貴志がいなければ今の私は存在していない。

私にとって、とても大きい存在。


それは感謝という言葉だけでは表現できないよ…



実は陽子と私が付き合い始めたのも、貴志のおかげなんだ。


声をかけれず、おどおどしていた私の背中をポンと叩いてくれた。


「おいおい、大丈夫だってば。自信持てよ。駄目なら朝まで酒ぐらい付き合ってやるからさ。」



貴志がいなければ、間違いなく片思いで終わっていただろう。





おまけに最初のデートでも、どうすればいいのかわからず貴志に来てもらった。

何かあるたびに相談していた。


そう考えると、本当に情けない奴だよな…

グジグジ男らしくない…



「ったく。仕方ないなぁ。」


いつも困った顔しながらも、嫌とは言わず付き合ってくれた。



私は本当に親友だと思っていた。



心から信じていた。





…だからこそ、私は甘え過ぎてたんだな。


こんな情けない私に嫌気がさしたのかもしれない。



はぁ…


今さらながらに気づいた。


私に貴志を恨む資格なんて、どこにもなかった。



貴志がいなければ私も存在しなかった。



いつも迷惑ばかりかけて…

そんな私は貴志に何をしてあげたのだろうか…




大馬鹿野郎だ。


本当に、私は馬鹿だ。




馬鹿は死ななきゃ治らない…





でも、死ぬ前に一度…貴志に謝りたい。





貴志


もう一度会いたいよ。



 

次へ

前へ