4月30日月曜日(晴れ)

4月30日月曜日(晴れ)

ああ
気持ちいいなぁ。

 

 

身体がふわふわしてる。
温もりに包まれて軽い。

花の香り。
黄、白、青、ピンク。
色鮮やかな花に舞う蝶の群れ。

 

 

んー
空気が美味しい♪

世界が明るい。
空から降りそぞくだけでなく、存在するもの一つ一つが光に満ちている。

 

 

川に魚が泳ぎ、小鳥が囀ずり、これが天国なのかな?

…苦痛から解放された。

此処に来るのは2回目だっけ?

いつまでもいつまでもいの世界で暮らしたいとさえ考えてしまう。



 

 

だけど、駄目なんだ。
私は此処に留まらない。



私は後ろへ引き返す。


此処に居れば確かに幸せな気持ちになる。
苦しみからも逃れられる。



どんなに苦しくても
どんなに辛くても


私は逃げないんだ。



此処には誰もいない。













誰もいない世界。




だから生きる。



死にたくない…
みんなと生きたい。



今の生きてる世界が本当は地獄だったとしても。


その世界には私の大切な人がいる。



生きる理由はそれだけで十分だよ。




一歩一歩と引き返す。



後悔はない。



力強く踏みしめ自分の意志で戻る。



明るい世界はだんだん暗闇が増していく。

温かさはなくなり冷たくなり。


軽かった躰が重たくなっていく。



ばいばい。










痛っ!



痛みが全身に広がり音が耳に入ってくる。




《プシュープシュー》



聞きなれた音。


お帰りと言ってるように聞こえた。






私はまだ生きていた。





…よかった。






死ぬことはやっぱり怖い。
受け入れる事ができない。


私には心残りが山ほどあるんだよ。



いつかは年老いて死ぬ時は必ず来るだろう。

だけど、今はまだ死にたくない。



自分がいなくなることが怖い…

この世界から存在しなくなる事が怖い…





一年、二年と時が過ぎて行き


やがて、忘れられていくことが悲しい…






みんなの記憶から小林裕が消えていくのが

私の本当の死だ…




人の心の中ででも永遠には生きれない…



いつかは色褪せて消えてしまうんだ…

 

 

次へ

前へ