子宮頸がんワクチンと子宮頸がんについての問題。大切なのはがん検診の受診を。

日本産婦人科学会が子宮頸がんワクチンの接種者と未接種者を比べると発がん性の高いウイルスの感染率に9倍の差が出たと国に接種の再開を呼び掛ける声明を出した。

 

子宮を失ったり、命を失う女性をこれ以上増えないようにすべきだと訴えている。

 

また、一方で

 

全国薬害被害者団体連絡協議会のメンバーが厚生労働省を訪れ、子宮頸がんワクチンについて定期接種の見直しや接種者全員の追跡調査を求める要望を手渡した。

 

 

いったい子宮頸がんワクチンで何の問題が起こっているのでしょうか?

 

 

 




 

 

子宮頸がん

 

子宮頸がんの患者さんは、年間約10000人報告されています。そのうち約3000人が亡くなっている。

 

20代後半から増え、40代以降は横ばいになります。30代後半が発症のピークになっています。

最近は若い年齢で患者が増えている。

 

 

ヒトパピローマウイルス

 

ウイルスのイラスト

 

子宮頸がんの発生にはヒトパピローマウイルス(HPV)と呼ばれるウイルスが関わっていいるといわれています。

その理由はHPVは子宮頸がんの患者の90%以上で見つかっています。

そのため、長期にわたり感染することでがんになると考えられています。

HPVは性行為を介して感染することが知られています。

HPVは性交渉たった1回でも男性から女性に感染するのです。

 

感染しても90%以上の場合で2年以内に自然に排出されるとされています。

 

子宮頸がんワクチン

 

ワクチンのイラスト

 

上記のように子宮頸がんは主にウイルス感染によって引き起こされるとされています。100種類以上存在するHPV。そのうち子宮頸がんにつながるのは15種類。

いまのワクチンはそのうちの2種類にたいして効果があります。

その結果ワクチン接種によって、ウイルスへの免疫を作れば予防が可能と考えられワクチンがつくられました。

日本では2013年に小学6年から高校1年までの女子を対象にした定期接種が始まりました

3回の接種が必要になります。

1回目の2か月後に2回目、6か月後に3回目を接種する。

 

すでに感染している人には効果がないとされているため、性交渉の経験のない女子への接種が対象となっています。

 

経験済みの人が接種すると、逆にがんになる可能性が高くなるかもしれないそうです…

 

しかし今現在、接種は進んでいません。

 

 




 

 

ワクチン接種の副作用によって、体調不良を訴える児童、生徒が続出したのです。

なかには国や製薬会社に損害賠償を求める訴訟にも発展しています。

 

疼痛、じんましん、発熱、嘔吐、頭痛、めまい、けいれん…

なかには筋無力症、ギランバレー症候群、全身性エリテマトーデス、多発性硬化症…

副作用を訴える声が定期接種を困難にしています。

 

その結果、厚生労働省は積極的な接種推奨が控えられました。

 

 

反対する人の意見には予防効果は5割~6割。100%ではない。ワクチンの効果が確認されている期間は9年ほどで効果がある期間の年齢では死者数がゼロ。さらにそこから感染し10年経過しても30代前半。また感染者の9割は自然に排出される。死亡者が多いのは中高年であり、それに多額の税金を投入しワクチンを接種することに意味はあるのかということです。

 

インフルエンザワクチンでもワクチン接種が是か非か話題になりましたよね。

難しい問題だと思います。

 

 

 

 

 

世界保健機関(WHO)は同ワクチンの接種を推奨。日本産科婦人科学会などの学術団体は、確固たる有効性が示されている」として積極的勧奨の再開を求めている。

 

 

せっかくなので、最後に子宮頸がんについてのニュースを

 

 

神戸市が子宮がん検診に精度の高い検査方法を採用した。

 

 

直接塗抹法から液状処理細胞診へと変更。

負担額は従来と同じ。細胞の採取と病理標本の作製がより確実にできるため再検査の発生を減らせる。

 

 

子宮頸がん検診

子宮がん検査のイラスト

 

20歳以上の女性が対象。

2年に1回受診を勧めている。早期に発見できれば9割以上で回復する。

初期では子宮口付近の切除だけの治療も可能になる。

 

 

若い女性に増えている子宮頸がん。

性交渉の低年齢によるものが影響にあるのかもしれません。

ワクチン接種については賛否両論ありますが、若いうちから乳がんと併せて検診は受けておくことが大切なのではないでしょうか?

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です