処方箋なしで病院の薬が買える薬局がある。本当に?

わずらわしい待ち時間や診察。

体調が変わりないんだから薬だけくれよ。

診察やすぐ終わるのに面倒だ。

 

そういった声が聞かれますよね。

 

処方箋なしで病院の薬を売る薬局

薬局のイラスト

 

そんななか、処方箋なしで病院の薬が買える薬局をかかげた薬局を耳にするようになりました。

 

 

本当に?じゃあ、病院に行かなくていいんだ。

 

 




 

医薬品

 

ちなみに薬には医療用医薬品一般用医薬品があります。

 

 

一般薬

 

一般医薬品OTC医薬品市販薬などと言われることもあります。

 

一般医薬品は処方箋なでドラッグストアや薬局などで購入ができます。

また、インターネットでの通信販売も認められています

軽い病気の症状の緩和を図ります。

 

ちなみにOTCとはOver The Counter:レジのカウンターで買える薬という意味です。

インターネットでの購入が可能になった今、レジで対面せず買えるので少し意味が違ってきますね。

 

2009年から、一般用医薬品の販売方法が3つのグループに分類されました。

リスクの程度で、第1類医薬品、第2類医薬品、第3類医薬品別れ販売方法を変えることになったのです。

 

 

薬のイラスト

 

第1類医薬品 :H2ブロッカーの胃腸剤や一部の育毛剤など


高リスクのため薬剤師による情報提供が義務づけられている薬。自由に手の届くところには置いていないで薬剤師の管理・指導の下でのみ販売や受け渡しが可能

 

第2類医薬品 :かぜ薬、胃薬、痛み止めなど


依存性のあるもので薬剤師又は登録販売者が常駐する店舗で販売が可能。

 

第3類医薬品 :ビタミン剤、整腸剤など

 

リスクは一番低く、商品説明に際して法的制限をうけない

 

 

レ点、チェックマーク 素材アイコン画像第2類と第3類の一般医薬品は、医薬品の店舗販売業の許可を得たスーパーやコンビニエンスストアでも販売できます。

 

要指導医薬品対面販売のみ可能になります。

 

スイッチOTC直後品目、劇薬は、要指導医薬品に指定し、薬剤師が対面で情報提供・指導が必要

※スイッチOTC薬とは医療用医薬品の中から一般用医薬品として認可したもの。スイッチOTC直後医品目とは一般用に移行して間もなくの薬一般用としてのリスクが確定していない薬。

 

 

 




 

 

さて、本題になります。

医療用医薬品が本当に処方箋なしで購入できるのか?

 

実は1万5千種類近くある医療用医薬品でも約半分は法令的に処方箋なしで購入可能なのです。

 

どんなものが可能なのか?

ステロイドの塗り薬や目薬。風邪薬、ビタミン剤、湿布、漢方薬などで可能な薬があります。

 

レ点、チェックマーク 素材アイコン画像安定剤、睡眠薬、高血圧や糖尿病の薬、抗生物質、抗がん剤、医療用麻薬は処方箋なしでは手に入りません。

 

じゃあ、保険つかえる病院のほうが安く済んでいいよね。

 

いえ、購入可能な薬を診察料等々含めた3割負担より、薬局で風邪薬だけや痛みどめだけのほうが安くすむこともあります

なので、薬剤師に相談してみるのもいいのかもしれません。

 

処方箋

 

では、処方箋とは何なのか?

 

医師が診察し、治療上必要と判断した医療用医薬品のレ点、チェックマーク 素材アイコン画像種類や用法、用量、日数が記載された文書

そのほか名前や保険番号、生年月日等々記載されています。

情報が詰まっているのです。

 

注意してほしいのが処方箋にはレ点、チェックマーク 素材アイコン画像4日以内という期限があります。

医療用医薬品は薬剤師が常駐している薬局のみで手に入ります。

 

薬を飲んで落ち着いた人のイラスト

今回は薬についてのお話しでした。
処方箋なしで可能の意味は間違いではないが、すべてが可能ではありません。

間違えないように。

薬は量が多すぎたり、身体に合わない場合は毒になります。

決して薬に依存するのではなく、医師や薬剤師と相談のうえ適切な使用方法をまもってください。

 

 

 

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です