おすすめ医療看護アプリ。解剖アプリ、ヒューマン・アナトミー・アトラス。

 

ヒューマン・アナトミー・アトラスというアプリを知っていますか?

アンドロイドでは、まだ2017バージョンで2840円になっています。

時にセールをしていますので要チェックです。

 

 

ヒューマン・アナトミー・アトラス2018

今回これがApple Storeで120円で売っていたので購入してしまいました。

 

医療関係者の皆様、要チェックです!!

通常は3000円します。
今はセール価格で96%OFF

いつまでなのかは今ははっきりわかりません。
実は3000円でも十分なお買い得なアプリなんですが120円ならジュースを買ったと思えば本当に安い。

 

 

医師や看護師、理学療法士など医療関係者には凄く良いアプリですね。
医学生や看護学生などにも、もちろん胸をはってすすめれるものです。

 

 

6400以上の構造
神経系、骨格系、循環器系、筋系、消化器系、泌尿器系、リンパ系、内分泌系、生殖器系
回転が可能で3Dモデルで見ることができます。
3Dの横断面と対になった人体の診断用画像があります。
拡大すれば細部まで見ることができ筋肉運動を見ることもできる。

 

 

 

 

 

これは人体の模型を立体的に様々な方向から見ることができる夢のようなアプリです。

ズームインしたりズームアウトしたり臓器や筋肉、骨や神経・皮膚などを切り離したり部位の解説を見たりすることもできます。
男女の性別も変えることができます。

凄く良くできており学生時代にこういったものがあれば本当に便利だったなぁと心から思います。

 

 

 

CTの輪切り画像での臓器の見方もわかりやすくなっています。
3次元でみる人体の解剖の世界は、本で見るより凄くもわかりやすいです。

 

 

 

 

 

タップするだけで不必要なパーツを取り除くことができ、本のボタンをタップすれば解説が見れます。
聴診器のボタンをタップすると疾患名があり、必要があれば自分の望む状態で保存もできます。

 

 

 

 

またクイズや動画解説もあります。
動画による解説は一部しか見れず、全部見るにはもう少し金額が必要になり課金する必要があります。

 

 

しかし平面の書籍よりもわかりやすく、アプリなので場所をとらず持ち運びにも困りません。

自分の勉強だけではなく、職員での勉強会や症例検討、患者さんへの説明にもわかりやすく使うことができるアプリです。

 

ただ、サイズ的にはスマートフォンや小型のタブレットよりはiPadや大きめのタブレットがベストです。

 

 

ただ触っているだけでも楽しくて飽きないかもしれません。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です