4月27日金曜日(曇り後晴れ)

4月27日金曜日(曇り後晴れ)

静かだ。

《プシュープシュー》

 

 

相変わらず鈍い苦しみが体を包み込んでいる。

重い身体にたいして頭の中はやけに冴えている。

 

 

 

…もしかしたら、残りの限られた時間を。

眠るのがもったいないって、無意識に拒否してるのかもしれない。

 

 

 

少しでも…
僅かでも永く生きたいと足掻いてるのか…

その時がくる瞬間まで。

 

 

 

死。

なるべく意識しないように避けてた死という言葉。

 

 

誰もがいつかは死ぬ。

それだけは皆、公平に
誰にも永遠の時間は存在しない。

 

 

 

死…

意識すると…怖くてたまらない…

耐えきれなくなる。
頭の中から離れない。

 

 

どんなに他の言葉で慰めて死をゴシゴシ消そうとしても…

逃げれない…

心臓をわしづかみにされたように苦しくなる…



死。





死んだらどうなるのかな。


考えても答えは出ない。
出るはずがない。

誰も知らないのだから。



それは死んだ人にしかわからない。






天国は本当にあるんだろうか…


地獄に落ちたら永遠に苦しむのだろうか…





それとも永遠に続く闇と静寂、孤独…
完全な無…
そんな世界かもしれない…


それは何も感じることも考えることもない世界…








怖い…



恐い…



ためだ…
気が狂いそうになる…



こわい…





小林裕が消滅する…




子供の頃、よく布団の中で死ぬとどうなるか考えてた。


いつも怖くてたまらなくなり眠れず泣いてしまった。

一人が嫌で、そんな時はお袋の布団で寝たっけ。
誰かの温もりが恐怖を和らげてくれたんだ。





大人なっても死を考えると怖くてたまらなくなる。







深く眠るのが怖いんだ。


眠った方が痛みから解放され楽になる。

だけど…

そのまま意識が無くなってしまいそうな気がして怖い…


自分が自分でなくなるのが怖いよ。






今、この瞬間が怖い

明日が来るのも怖い


逃げたくてもどうしようもない現実と

努力したくても何もできない真実と



《プシュープシュー》



この音で今は生きている事を確認する。


身体を包む痛みが生きている事を実感させてくれる。


苦しみが唯一、私とこの世をつなぎとめてくれていた。



現実感のない暗闇の世界で

温もりのない孤独な世界で

生きている事の奇跡強く感じ

生きていく事を強く祈り続けてる。






 

次へ

前へ