∞10.小林裕から∞

せめて覚えててもらいたい

私が生きてた事、存在していた事を

そして感じてもらいたい

みんなは、まだ生きてるって事を

 私は、みんなと出会えて幸せでした

 どうか1分1秒でもいい

 一瞬でもいい

 私の分も長生きして欲しい

 私の分も、たくさんたくさんたくさん幸せになってほしい…

 

時間はありふれてるものではなく

 明日は当たり前にやってくるものではなく

 これほど難しく大切で幸せな事はない

 明日がある事

 それは私が一番欲しかったもの

 

生きる意味は今でも判らない

 だけど存在してる事が価値がある

 誰かと関わっている

 誰かに影響を与えている

 それは生きてる事が0ではないということ

 生きてるだけでも無意味な事ではないという事

 

あなたは生きてる

 見る事

 聴く事

 話す事

 ありふれた

 あたりまえの事があたりまえにできる

 自分以外の人に触れれ温かさを感じれる

 また、朝がやってくる

 すべてすべて幸せだった

 ただ、健康である事がすごく幸せだった

 感じてほしい

 大切にしてほしい

 私は

 本当に幸せでした

 小林 裕